着色汚れに困ったら消しゴムで消す方法がある

歯の汚れを消しゴムで綺麗に

歯の着色汚れが気になって、黄ばみやタバコのヤニなどで歯の色がとても汚くなってしまい汚れを落としたいという人には歯に使う専用の消しゴムがあるのをご存知でしょうか?その消しゴムというのは直接歯の汚れを伴っている部分に当ててゴシゴシこすり取る感じのものになります。消しゴムなので、実際にはそれで、変色した歯の部分の汚れを落とせるのかという疑問はありますが、コーヒーやタバコなどのステインの汚れというものは取ることが出来ます。しかし、元々から歯が何らかの作用で変色してしまったものは白くなりませんので注意してください。
この歯の専用消しゴムというのは、主にシリコンゴムの成分となっていて歯の影響が無いように優しいものとなっています。ただし、ただゴシゴシとゴムをこするだけでみるみる着色汚れが落ちる訳では無いのが、研磨剤が配合されているために、その研磨剤によって汚れをこすり取るような仕組みとなっています。歯の表面は綺麗なフラットな形となっているものでもなく、実際にはザラザラとするくらいの凹凸が生じていますので、その表面に行き届くのには消しゴムにも工夫がなされて、フラットタイプやペン先のような尖ったタイプのものであったり様々です。

使い方にコツがある

歯のホワイトニング専用消しゴムは使い方はゴシゴシと消しゴムをこするように歯の表面に当てて消していきます。ノートに書いた字が消えるというよりは、歯の表面の着色汚れが消しゴムによって剥がれ落ちるような感じで、消しゴムの研磨によって落とされていきます。口の中が唾液が濡れていたり、消しゴムも濡れていることで滑りが生じて使いづらい面もありますが、極力乾燥した状態で使用する方が効果的に着色汚れを取ることが出来るようになります。
消しゴムタイプのものは研磨剤の入った専用液を塗って消しゴムを使うタイプもあって、綺麗にホワイトニングの効果を得れるものも人気です。しかし、この消しゴムタイプというのは折れたり、すぐに減って使えなくなったりするものもあったりと使い勝手が悪いという声もあります。
消しゴムはゴムの素材となっていますので、使い続けると摩耗して減っていきますので、ある程度使えば買い直しをしないといけませんので、数カ月に一回は買い直しをする必要があります。この専用消しゴムは市販されている分だとドラッグストアでも購入することが容易に出来ます。他には強力なものであるとネット通販などで手に入れることも出来て、様々な種類がありますので、着色汚れで悩まされている人は一度、この消しゴムタイプでのホワイトニングを実行してみてもよいかと思います。

参考:欧米から渡ってきたホワイトニング効果のある方法とは?