キシリトールガムをかみ続けると得られる効果

ガムを噛むことで得られる効果

歯を白くする方法として様々なものがありますが、あまり苦労なく歯を白くするいうものであれば、ガムなどが良いとも言われています。それは香り付けされた通常のガムではなくて、キシリトールガムでメタリン酸ナトリウムが配合されているものがあり、こちらは歯を白くするといった作用があるということで、最近の人はよく噛んでいます。しかもコンビニエンスストアに行けば、レジのすぐ近くのところにたくさんのキシリトールガムが並べられていて、どれを選んでもキシリトールガムに当たりますので、その中でもメタリン酸ナトリウムが配合されているものを選んで下さい。
メタリン酸ナトリウムというのは歯のホワイトニングの効果を得られる成分として認められています。この効果はよくあるコーヒーや紅茶などの着色汚れとなるステインを防ぐといった事を聞きますので、出来る限り暇があったら噛んでいたら良いかもしれません。ガムというのは口の中の唾液の分泌も促されるので、口の中の唾液がたくさん分泌している間は虫歯を予防する機能を果たしていると言われています。しかし、いつまでもガムを噛んでいると顎が疲れたり、仕事中であれば態度が良くないと言われますので、効果的にガムを噛むとしたら、朝の9~10時までの時間であることと、昼の3~4時くらいの時間で噛んでいると、ちょうど空腹になりやすい時間であるために唾液の分泌も含めて、口臭がきつくなる時間も避けることが出来ます。

あくまでもガムは予防の範囲で考えて

ガムを噛んで歯を白くするといった定説は実際には少しズレているという事も一部では言われています。実際にはガムを噛むと唾液の分泌や歯の隅に溜まっている食べかすなどを掃除する機能となりますので、歯の間などに詰まっている汚れなどを付着して取ってくれる作用もあります。しかし、この汚れを掻き取る効果は着色汚れやヤニなどを綺麗に剥がし取るまでの効果は少ないとも言われています。
それと言うのもメタリン酸ナトリウムというのが配合されていても、ステインなどを歯に付着するのを予防するといったコーティング程度の効果があると言われ、既に付着しているものであれば、なかなかガムを噛むだけでは剥がし取るということは難しいようです。他には研磨剤の配合されているガムなどがあれば別ですが、なかなか研磨剤を配合しているガムというのが最近ではあまり聞かないと言われます。
もし、キシリトールガムなどで歯を白くする効果を得ようとしている場合には、既に着色汚れで困っている人は歯医者さんでクリーニングをしてもらうか、ホワイトニング効果のある歯磨き粉で歯を磨く方が効果が得られるかもしれませんので、即効性を求めているのであれば注意して下さい。

参考になる記事:着色汚れに困ったら消しゴムで消す方法がある