生活の知恵重曹がもたらす歯を白くする方法

万能パウダーの重曹の使いみち

歯を白くする効果で昔から何かと重宝している重曹が役に立つということをご存知でしょうか?重曹は昔からお掃除だけでなく、汚れを取ることにもすごく効果があるということは家庭の知恵で証明されていますが、その重曹が歯の汚れを取るホワイトニングにも効果があると言われています。実際にはどのような効果を得られるのかを調べてみたいと思います。
重曹は歯ブラシに直接かけて歯磨きをしてみるだけのシンプルな使用の仕方となっていますが、他にも磨きやすくするためにハッカ油やグリセリンを混ぜてペースト状にすると少し歯磨きに使用しても差し障りのない形状になります。特にホワイトニングの効果が得られると言われているので、他にもイチゴをつぶして重曹と混ぜてそのペースト状を歯ブラシにつけて磨くと洗浄効果が高まるといった方法もあると言われています。
茶しぶやヤニなどの着色汚れなどは歯の表面に付いているもので、こちらは重曹のクレンジング効果で歯を磨くと分解されて、さらに研磨作用によって汚れを掻き取る形で、少なからず着色汚れを取ることが出来ると言われています。このような方法に倣って実際の歯磨き粉にも重曹を使用したものがあり、汚れを分解して掻き取ってしまう効果があるのだと言われています。

その他にも虫歯予防の効果も

元々重曹はお掃除に利用するクレンザーの代用に用いられるくらいに大変重宝した万能パウダーと言われています。水垢とかしつこい汚れに関しても重曹に少し水を含ましてこすり取ると、驚くほどに綺麗に汚れを掻き取ることが出来ます。それを歯に同じように利用することで、歯についた着色汚れを掻き取って、歯を白くする作用を起こすというのです。
その他にも歯には大切な効果として、虫歯予防などの再石灰化を促進させてしまうことや歯周病予防に口臭予防にも寄与するといったことも言われており、特に重曹によるアルカリ性が講習の酸性を中和する機能を果たすとも言われていますので、重曹で歯磨きを行うことは決して無駄ではないということを昔から証明されているようです。

あわせて読みたいページ:活性炭で歯を白くする歯磨き用カプセル